youtubeでパター理論を探してみた(2020年10月)

3日前のラウンドでパット数45を記録してしまいどうすれば良いのか悩んでいます。

1日100回パター練習を続けていますが、合っているのか?いないのか?正しい打ち方をしているのか?変な打ち方をしているのか?このまま続けて良いのか??

いろんな動画とか見ているのですが、パットに形無しとは言ったもので、いろいろな理論が星の数ほどあります。

今日はYoutubeで新しめの動画からパット練習に役立ちそうな動画を探してみました。



UUUM GOLF-ウーム ゴルフ-

まずは一番参考にしている、UUUMゴルフの中井学大先生から。

『コレが出来ればパターはプロよりも上手くなれる!?芹澤信雄&中井学が語るパッティングの極意。【高橋としみ】【なみき】【レッスン】』より

下半身を使っても良いし、手首を使っても良いって言っている。。

パターヘッドにボールを当てて一番良くはじくところがパターの芯。パターの芯にマークを付けて芯に当てて音を聞く練習をする。

手が先行するとダウンブローになるので良くない。

右手1本で右手首を柔らかくして、手首を使って打つ練習をする。

バックスイングで右手の平より甲側にパターヘッドがあるように動かす。打った後はパターヘッドが左手甲よりも先に行くように動かす。振り子。

パターだけはプロより旨くなれる可能性がある!!

次は宮里優作

『知れば納得”待った無し!プロが実践している「ブレないパターの打ち方」を伝授!【レッスン】【進藤大典】【高橋としみ】【太平洋クラブ相模コース】』より

パターでいろいろ「苦労」してるのでクロウグリップ。。。ダジャレから

右手を使わないようにクロウグリップにした。イップスになりかけていた。

左手小指は握らないでパームで握り柔らかさを出す。⇒ヘッドが勝手に前に出る。

背中の筋肉を使って打つ。

堅くならないのが一番

パターヘッドの幅ギリギリにティーを指して、間を通して打つ練習をする。

動画見た印象だけど、手首を結構使ってるなぁ。

三觜喜一MITSUHASHI TV

『パッティングの上手い人と下手な人はここが違います』より

長尺パターは簡単だから禁止された。何故簡単かというと支点が安定するから。

では、普通のパターでどのように支点を安定させるか?

シャフトとヘッドを平行移動させちゃだめ。⇒支点が無いから。

バックスイング後にグリップエンドを引いてあげればヘッドが戻ってくる。

グリップをターゲット側に動かす動きをすると、振り遅れが起こる。⇒ヘッドが開いて右にプッシュする。

振り子を意識してグリップエンドを体側(自分側)に引く。タイガーウッズのパットは左肩が抜けているように見える。

これは参考になったなぁ。練習しよっと。



SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*