ゴルフスクール

ドライバーでの左肘(ゴルフスクール:シーズン3(3回目))

昨日(2020年2月15日)のラウンドで数年ぶりのビッグスコアをたたき出し、意気消沈してゴルフスクールにやってきました。

ラウンドではドライバからパターまで全てのクラブがダメダメだったけど、スクールでは最近続けているドライバの改善を中心に教わりました。



ドライバショットの時に左肘が抜ける

今日も動画を撮影し、それを見ながらスイングチェックをしてもらいました。

後ろから撮影するとこんな感じになっています。

  • 左手が上にある
  • 手首が伸びきっている

この動作はインパクト時にフェイスがオープンになったまま当たりやすく、右へのすっぽ抜けのボールが多く出るとのこと。

逆に右を怖がって、手でフェースを返してしまい、チーピンのミスも出るとのこと。

欠点がわかった以上はなんとかして改善せねば!

改造後(目標)のドライバショット

コーチと話して現状のスイングをこんな感じに変えようとしています。

やりたい形はわかっているのにどうしてもその動きにすることが出来ません。

コーチからは、「左手の手首に力を入れて伸ばさないように」とか「左腕を外側に回すように」とか「左脇を締め続けることを意識する」とか「右手で押し込むように」とかいろいろなやり方を教わるのですが、どうしてもうまくいかない状況です。

コーチからは一朝一夕に癖は直らないので、毎日シャドースイング(要は素振り)をして時間をかけて改造していこうと言われてます。

ドライバとアイアンの違い

ちなみに9iでも動画を撮影してもらいました。

なんと9iでは左肘の動きが理想に近くなっていることがわかりました。

コーチに理由を聞くと、『9iは短いので縦振りになりやすく、手が前に出る動きに鳴りにくい。逆にドライバのような長いクラブは横振りになるので、遠心力で手が前に出やすい』とのこと。

ドライバでは縦振りを意識しても良いのでは無いかと言われました。

緊急的対症療法

とはいえ、2/22(土)にコンペが控えているので、その日のラウンドのために対症療法を教えていただきました。

それは、『意図的にフックを打つ』ことです。

チーピンのミスが出ると悲惨なことになるけれども、今の状態では一番傷が浅いラウンドになりそうとのこと。

フックを打つときに意識するのは次の3点であることを教えてもらいました。

  1. 靴1足分くらい左足を引いてスタンスする。(クローズドスタンス)
  2. スタンス時に【首を回して】ボールの右側を見る。
  3. スイング時に頭の方向を変えないように意識する。

教えてもらった方法で2/22はラウンドしてきます。

ドライバーでの左手の使い方(ゴルフスクール:シーズン3(2回目))

2020/2/9の18:30からゴルフスクールに行ってきました。

いつも行っている神奈川県の新川崎のリンクス新川崎というゴルフ練習場で開催しているスクールに通ってます。

10回単位でスクールに申し込むようになっていて、今回は10回単位での3回目(シーズン3)の2回目のスクールです。

このシーズンはドライバーを安定させることを目標にして、主にドライバーの改善をしたいと思っています。



ドライバーでの左手の使い方

まずは前回のスクールで指摘を受けたことについて引き続き気をつけながら練習しました。

ちなみに前回の指摘事項は以下の通り

  • セットアップ時のボールの位置がクラブヘッドのヒール側にあること
  • トップからの切り返しの時はクラブヘッドがグリップより下がっていること
  • インパクト直後に左肘がうまく使えていないこと

1番目は意識すれば良いことなので、忘れないようにすれば出来ます。

2番目と3番目はどちらかを一つであれば、意識することで改善が出来るのですが、両方同時にがまだ難しいです。

ひとつひとつ時間をかけて改善するしか無いですね。

前回の復習後に、もう一度スイングチェックをお願いしました。

新たなドライバーでの課題

ドライバースイングチェックにより、以下を教えてもらいました。

  • 左手首のコックはほどかずに打つ
  • 右手は左手の上
  • 左手の肘は内に向ける
  • インパクト後右手は伸ばす

前回のスクールより細かいことなのですが、細かいことも意識して改善していこうとのことでした。

左手首のコックはほどかずに打つ

コックというか、左手手首を親指方向に曲げた状態をなるべくキープしながら打つような意識が欲しいとのことでした。

私のスイングは、基本的にインパクトの直前から、ヘッドがグリップよりも下にくるいわゆる煽り打ちのミスするときはダフるタイプなので、ヘッドをなるべく落とさない意識を持つための方法だそうです。

右手は左手の上

これも最初のアドバイスと同様にヘッドが下に落ちないようにするためのアドバイス。

ここで『手』と行っているのはグリップの場所、手のひらっていえば良いのでしょうか。

左手首が伸びちゃうと、左手が上、右手が下になるので、これを改善するための意識です。

どうしても左手首が伸びちゃう悪い癖は直したいです。

この冬のシーズン中に。

左手の肘は正面に向ける

これも煽り打ちを直すためのアドバイス。

私のスイングはインパクト後に左腕が右腕の上に来る方向に振っているそうで、この動きを修正するための意識です。

こちらは、インパクト後の動き方で、インパクトの瞬間から直後にかけて、体の右側を向いていた左肘の内側を、体の正面に向ける動きが必要とのこと。左腕を回すような使い方をするらしいです。

左腕を回す動きと同時に、左脇を締める動きも必要とのこと。

インパクト後右手は伸ばす

私のスイングはインパクト後に右腕を曲げて小さなスイングになっている傾向だそうで、大きなスイングを目指しましょうとのことでした。

今後の目標

ゴルフスイング難しいですね。

ドライバスイングはすぐに修正できなさそうですが、2020/2/22(土)に予定しています。

直近はココに向けて練習します。

ドライバーの特訓(ゴルフスクール3シーズン目開始)

川崎市幸区にあるlinx新川崎でゴルフスクールに通ってます。

ここのゴルフスクールは、10回毎に申し込むようになっていて、私は3回目を申し込み、2020年2月2日に3シーズン目の1回目を受講しました。

まずは最初にスイングチェックを受けて、今の課題を再確認しました。

ドライバが打てない!

最近の課題はドライバが安定しない事です。

3Wは比較的良いあたりで、軽いドローで良い弾道で打てる事が多いのですが、ドライバーだけはうまく当たりません。

いろんな本とかを読むと『練習場でドライバーばかり打っててもうまくならない』とか『ドライバーよりアプローチが重要』とか書いてあるので、あまりドライバーの練習はしていませんでした。

この3シーズン目のゴルフスクール受講では、主にドライバーショットを向上させようと思います。

ドライバーのスイングチェック

ドライバーがうまく打てない課題をゴルフスクールの先生と共有し、練習方法を見つけるべく、スイングチェックをしてもらいました。

課題が見つかりました。

スイング時に手元が体から離れすぎる

良く言われる、手元が浮き上がる状態で、インパクト時には左肘が締まっていない状態になっていました。

しかも、インサイドから煽る傾向のスイングなので、プレーンが波打って右にも左にもトップもダフりも出る不安定なスイングになっているようです。

ドライバーのスイングの修正ポイント

何度かスイングの動画を撮影し、先生と一緒に修正ポイントをディスカッションしました。

大きく次の3つの事がだめな点でした。

  • セットアップ時のボールの位置がクラブヘッドのヒール側にあること
  • トップからの切り返しの時はクラブヘッドがグリップより下がっていること
  • インパクト直後に左肘がうまく使えていないこと

1つ目のセットアップ時のボールの位置ですが、ヒール側に置いていたため、スイングの途中で遠心力がかかり、クラブヘッドが外に向かうと、『ボールが当たらない』ことを避けようと無意識にグリップを上の方に動かし手元が体から離れるそうです。これはボールをトゥー側にセットすることを意識付けしていこうと思います。

2つめはこの数ヶ月言われ続けている、あおり打ちの悪い癖です。コックをほどかずに、クラブヘッドをグリップより上においてスイングするよう、引き続き練習です。

3つめはインパクト付近で左肘が締められないことに対する指摘です。肘の内側を体の正面に向ける動作がどうしてもドライバーでは出来なくなってしまします。多分ショートアイアン等では出来ていると思うので、ドライバーの練習不足だと思われます。

指摘された欠点を意識し、修正メニューをベースにドライバーの特訓に励みます。

ゴルフスクール受講を再開しました。(シーズン2の1回目)

ラグビーワールドカップ面白かったですね。

私は学生時代にラグビー部だったのですっかり観戦にはまってしまい、ゴルフのラウンドや練習ですらまるで行きませんでした。

だってラグビー面白いんだもん。

そうこうしているうちに11月も10日になってしまいました。

11月22日に会社のコンペがあるからそれまでにある程度建て直しておこうと思い、この11月10日からゴルフスクール受講を再開しはじめました。

毎週日曜日に受講してます。

場所はゴルフ練習場のLINX 新川崎です。

スクールは10回単位で申し込みになっていて、お値段34,600円(土日の場合)90分打ち放題なので、普通にここの打ち放題に来るのと、あまり値段が変わりません。

ちなみにここの打ち放題の値段は土日で3,360円(1F)となります。。。関東高いよ。

買ったばかりのフェアウェイウッド

そういえばフェアウェイウッドを買ってまともに打っていませんでした。

今日初めて10球くらいずつ打ってみましたが、なんかクラブが軽くて、ボールの上を振ります。

3Wと5Wはほぼまっすぐにボールが出ますが、7Wは低い出玉で左に曲がる球が出ます。

これについては本題では無いのであとから考えます。

スイングチェック

シーズン2となる今回のゴルフスクールですが、最初に動画を撮影してもらい、スイングチェックをしました。

その結果、大きな修正ポイントが3点指摘されました。

  1. インパクト時にクラブが下から入るので直そう
  2. バックスイングのスェーを直そう
  3. 右手だけフックグリップ気味なのでスクエアにしよう

クラブが下から入る

1つ目ははじめて指摘されました。

動画を見るとはっきりわかるのですが、スイング時に右腕が腰に着いた付近で右手のグリップより下にクラブヘッドがあり、それが原因でクラブが下から入るいわゆる救い打ちになっていると指摘を受けました。

クラブのヘッドは、インパクトまで右手のグリップより上にあるようにスイングしなきゃダメだと。

それがダウンブローだと。

言っている事がよくわかりました。自分のスイングの欠点でした。

でもこれまで全然意識した事がありませんでした。

この癖を修正できるよう頑張ります。

バックスイング時のスエー

昔っからいろんな人に指摘を受けていて、言われるたびに修正しているのですが、忘れるとすぐこの癖が出てきてしまいます。

この頑固な癖を直すよう、コーチからは毎日鏡の前でシャドースイングをやるよう指示をいただきました。

頑張ろう!

グリップ

これも1つ目同様最近は全然意識した事が無かったです。

右手の親指と人差し指が作る『V字』が右の鎖骨付近を指しているので、左側の顎を指すくらいにスクエアに握ろうという指摘でした。

グリップを修正するのは難しいですが、言われた事を忘れずにシャドースイング時に取り入れたいと思います。

こんなに修正して、11月22日のコンペ大丈夫なのだろうか。。。。

ゴルフスクール2回目で引き続きスウェー対策

100叩きゴルフを卒業するため、ゴルフスクールに入りました。

今日は2回目のゴルフレッスンです。

ゴルフスクールの先生には、スイングがガタガタになっても良いので、スタンダードなスイングを身につけたい旨を最初の受講時に伝えています。

まずは体をほぐしたあとに前回のおさらいから。

バックスイング時右側に体重移動しすぎ(スウェー)

前回の受講時に最初に治すべきはこの右スウェーだと教えていただき、数10球これだけに気をつけてボールを打っていました。

バックスイング時の動作のコツとしては、トップに来たときに右足の上に頭があるように気をつければ良いそうです。

実際にスイングをiPadで撮影していただいたのですが、右足の上に頭があるように意識するとスウェーの挙動は出なくなります。

ただ、今まで、スウェーしながらスイングしていたので、スイングが物足りなく感じます。

そこを先生に相談すると、あまり力を入れずにヘッドスピードを上げるのがスイングだとの事で、理解しました。

インパクト時に右足体重になっている

家で素振りをしてた事も有り、スウェー癖の修正が出来てきたので、新たなスイング矯正の課題に取り組む事としました。

iPadでスイングを撮影して、先生と一緒に撮影した確認しながら、どこが悪いのか説明をしていただきました。

スウェーの次の課題はインパクト時に右足に体重が残っていることを修正する事としました。

直し方としては、トップからの切り返し時に、腕はトップ位置に置きながら、左足を踏み込む事でスイングを開始するようにするという方法でした。

今まで意識した事が無い動作だったので、これがなかなかに難しい。

雑誌等で見る「下半身始動」とか、中井学プロが唱える「ヒップターン」っていうのはこのスイングの事だったのだと教えられました。動画や文字を見てわかった気になっていたり、出来ている気になっていた事だったのですが、実際に動画で自分の動きを確認してみると全然出来ていないのですね。

下半身始動・ヒップターンスイング

下半身始動やヒップターンスイングの参考資料を纏めておきます。

忘れたときに見直しできますように。。

中井学プロのヒップターンスイングの動画

中井学プロに言わせるとヒップターンスイングはゴルフの基礎らしいですね。

芹澤信雄プロは、切り返しで右肘の内側が上を向き、左肘は閉める動きをすると言っています。

今日のスクール纏め

今日は前回のスウェー対策に加え、インパクトで右足体重にならない方法(ヒップターン)を教わりました。

時間があれば家で素振りをしてこの動作を早く身につけたいと思います。

ゴルフスクール受講(スウェー対策)

今日はゴルフスクール全10回のうち1回目の受講をしました。

近所の新川崎のリンクス新川崎でやっているゴルフスクールです。

初回という事で、最近のゴルフの悩みである『ボールへのあたりが薄くて弱い球しか飛ばなくなっている』ことを相談して、スイングチェックをしていただきました。

スイングチェックですが、iPadで飛球線後ろから撮影していただいたものを見ながら、私のスイングがどのようになっているのか解説をしていただきました。

悪いところの指摘をたくさんされました。

  • テイクバックで右側にスウェーしている事
  • 手打ちになっている事
  • テイクバックで右脇が開いている事
  • テイクバックで左手首が甲側に折れ曲がっている事
  • インパクトで左肘が外に流れている事
  • インパクト時に左側に体重が乗り切っていない事
  • スイング軌道がアウトサイドインになっている事

等々いろいろ指摘をいただき、最近のボールへのあたりが薄いという悩みとあわせて考えて、まずはスウェーの対策をすることにしました。

改善方法としては、テイクバックしてトップの時に頭が右足の内側(おちんちん側)に残っているようにスイングするようにするということでした。

基本的にどのような動きが悪いのかを知ってしまえば、あとはそれだけを意識してスイングすればその部分のみを直す事は比較的容易に出来ます。

あとは、意識しないでもその動きになるように反復練習をするしか無いと思っています。

今日のレッスン中はその動きだけを意識してスイングをしていました。

スウェーに関しては何度も体の動きを反復練習したほうが良いとの事で家での素振りをお勧めされました。

レッスン受講後に、自宅に戻りWeb上でスウェー対策のドリルを見つけたので、リンクを貼っておきます。

テレサ・ルーのスエーを防ぐためのドリル

川崎市のゴルフスクール入学

全然ゴルフがうまくならないのでゴルフスクールに入る事にしました。

近所の新川崎にリンクス新川崎というゴルフ練習場があるのですが、そこでやっているゴルフスクールです。

金額は10回で37,000円で、レッスン時にはボールが打ち放題だったので、コストパフォーマンス的にも普通に打ちっぱなしで練習するよりもお得という判断も入りました。

ここの練習場は夜間時間貸しって時間を区切って打ち放題になる料金プランがあるのですが、そこでは土日の1階席で90分3,300円(そこに打席料と照明料がプラスされるので実質3,920円)なので、10回で37,000円だと普通に打ち放題で練習するのとあまり変わらない感じです。

ただ、毎週決まった時間に通わなければならないというのがデメリットと言えばデメリットですね。

明日から毎週日曜日に通う事にしたので、習った事を都度アップしたいと思います。