ドライバー

ドライバーでの左肘(ゴルフスクール:シーズン3(3回目))

昨日(2020年2月15日)のラウンドで数年ぶりのビッグスコアをたたき出し、意気消沈してゴルフスクールにやってきました。

ラウンドではドライバからパターまで全てのクラブがダメダメだったけど、スクールでは最近続けているドライバの改善を中心に教わりました。





ドライバショットの時に左肘が抜ける

今日も動画を撮影し、それを見ながらスイングチェックをしてもらいました。

後ろから撮影するとこんな感じになっています。

  • 左手が上にある
  • 手首が伸びきっている

この動作はインパクト時にフェイスがオープンになったまま当たりやすく、右へのすっぽ抜けのボールが多く出るとのこと。

逆に右を怖がって、手でフェースを返してしまい、チーピンのミスも出るとのこと。

欠点がわかった以上はなんとかして改善せねば!

改造後(目標)のドライバショット

コーチと話して現状のスイングをこんな感じに変えようとしています。

やりたい形はわかっているのにどうしてもその動きにすることが出来ません。

コーチからは、「左手の手首に力を入れて伸ばさないように」とか「左腕を外側に回すように」とか「左脇を締め続けることを意識する」とか「右手で押し込むように」とかいろいろなやり方を教わるのですが、どうしてもうまくいかない状況です。

コーチからは一朝一夕に癖は直らないので、毎日シャドースイング(要は素振り)をして時間をかけて改造していこうと言われてます。

ドライバとアイアンの違い

ちなみに9iでも動画を撮影してもらいました。

なんと9iでは左肘の動きが理想に近くなっていることがわかりました。

コーチに理由を聞くと、『9iは短いので縦振りになりやすく、手が前に出る動きに鳴りにくい。逆にドライバのような長いクラブは横振りになるので、遠心力で手が前に出やすい』とのこと。

ドライバでは縦振りを意識しても良いのでは無いかと言われました。

緊急的対症療法

とはいえ、2/22(土)にコンペが控えているので、その日のラウンドのために対症療法を教えていただきました。

それは、『意図的にフックを打つ』ことです。

チーピンのミスが出ると悲惨なことになるけれども、今の状態では一番傷が浅いラウンドになりそうとのこと。

フックを打つときに意識するのは次の3点であることを教えてもらいました。

  1. 靴1足分くらい左足を引いてスタンスする。(クローズドスタンス)
  2. スタンス時に【首を回して】ボールの右側を見る。
  3. スイング時に頭の方向を変えないように意識する。

教えてもらった方法で2/22はラウンドしてきます。



ドライバーでの左手の使い方(ゴルフスクール:シーズン3(2回目))

2020/2/9の18:30からゴルフスクールに行ってきました。

いつも行っている神奈川県の新川崎のリンクス新川崎というゴルフ練習場で開催しているスクールに通ってます。

10回単位でスクールに申し込むようになっていて、今回は10回単位での3回目(シーズン3)の2回目のスクールです。

このシーズンはドライバーを安定させることを目標にして、主にドライバーの改善をしたいと思っています。





ドライバーでの左手の使い方

まずは前回のスクールで指摘を受けたことについて引き続き気をつけながら練習しました。

ちなみに前回の指摘事項は以下の通り

  • セットアップ時のボールの位置がクラブヘッドのヒール側にあること
  • トップからの切り返しの時はクラブヘッドがグリップより下がっていること
  • インパクト直後に左肘がうまく使えていないこと

1番目は意識すれば良いことなので、忘れないようにすれば出来ます。

2番目と3番目はどちらかを一つであれば、意識することで改善が出来るのですが、両方同時にがまだ難しいです。

ひとつひとつ時間をかけて改善するしか無いですね。

前回の復習後に、もう一度スイングチェックをお願いしました。

新たなドライバーでの課題

ドライバースイングチェックにより、以下を教えてもらいました。

  • 左手首のコックはほどかずに打つ
  • 右手は左手の上
  • 左手の肘は内に向ける
  • インパクト後右手は伸ばす

前回のスクールより細かいことなのですが、細かいことも意識して改善していこうとのことでした。

左手首のコックはほどかずに打つ

コックというか、左手手首を親指方向に曲げた状態をなるべくキープしながら打つような意識が欲しいとのことでした。

私のスイングは、基本的にインパクトの直前から、ヘッドがグリップよりも下にくるいわゆる煽り打ちのミスするときはダフるタイプなので、ヘッドをなるべく落とさない意識を持つための方法だそうです。

右手は左手の上

これも最初のアドバイスと同様にヘッドが下に落ちないようにするためのアドバイス。

ここで『手』と行っているのはグリップの場所、手のひらっていえば良いのでしょうか。

左手首が伸びちゃうと、左手が上、右手が下になるので、これを改善するための意識です。

どうしても左手首が伸びちゃう悪い癖は直したいです。

この冬のシーズン中に。

左手の肘は正面に向ける

これも煽り打ちを直すためのアドバイス。

私のスイングはインパクト後に左腕が右腕の上に来る方向に振っているそうで、この動きを修正するための意識です。

こちらは、インパクト後の動き方で、インパクトの瞬間から直後にかけて、体の右側を向いていた左肘の内側を、体の正面に向ける動きが必要とのこと。左腕を回すような使い方をするらしいです。

左腕を回す動きと同時に、左脇を締める動きも必要とのこと。

インパクト後右手は伸ばす

私のスイングはインパクト後に右腕を曲げて小さなスイングになっている傾向だそうで、大きなスイングを目指しましょうとのことでした。

今後の目標

ゴルフスイング難しいですね。

ドライバスイングはすぐに修正できなさそうですが、2020/2/22(土)に予定しています。

直近はココに向けて練習します。

ドライバーの特訓(ゴルフスクール3シーズン目開始)

川崎市幸区にあるlinx新川崎でゴルフスクールに通ってます。

ここのゴルフスクールは、10回毎に申し込むようになっていて、私は3回目を申し込み、2020年2月2日に3シーズン目の1回目を受講しました。

まずは最初にスイングチェックを受けて、今の課題を再確認しました。



ドライバが打てない!

最近の課題はドライバが安定しない事です。

3Wは比較的良いあたりで、軽いドローで良い弾道で打てる事が多いのですが、ドライバーだけはうまく当たりません。

いろんな本とかを読むと『練習場でドライバーばかり打っててもうまくならない』とか『ドライバーよりアプローチが重要』とか書いてあるので、あまりドライバーの練習はしていませんでした。

この3シーズン目のゴルフスクール受講では、主にドライバーショットを向上させようと思います。

ドライバーのスイングチェック

ドライバーがうまく打てない課題をゴルフスクールの先生と共有し、練習方法を見つけるべく、スイングチェックをしてもらいました。

課題が見つかりました。

スイング時に手元が体から離れすぎる

良く言われる、手元が浮き上がる状態で、インパクト時には左肘が締まっていない状態になっていました。

しかも、インサイドから煽る傾向のスイングなので、プレーンが波打って右にも左にもトップもダフりも出る不安定なスイングになっているようです。

ドライバーのスイングの修正ポイント

何度かスイングの動画を撮影し、先生と一緒に修正ポイントをディスカッションしました。

大きく次の3つの事がだめな点でした。

  • セットアップ時のボールの位置がクラブヘッドのヒール側にあること
  • トップからの切り返しの時はクラブヘッドがグリップより下がっていること
  • インパクト直後に左肘がうまく使えていないこと

1つ目のセットアップ時のボールの位置ですが、ヒール側に置いていたため、スイングの途中で遠心力がかかり、クラブヘッドが外に向かうと、『ボールが当たらない』ことを避けようと無意識にグリップを上の方に動かし手元が体から離れるそうです。これはボールをトゥー側にセットすることを意識付けしていこうと思います。

2つめはこの数ヶ月言われ続けている、あおり打ちの悪い癖です。コックをほどかずに、クラブヘッドをグリップより上においてスイングするよう、引き続き練習です。

3つめはインパクト付近で左肘が締められないことに対する指摘です。肘の内側を体の正面に向ける動作がどうしてもドライバーでは出来なくなってしまします。多分ショートアイアン等では出来ていると思うので、ドライバーの練習不足だと思われます。

指摘された欠点を意識し、修正メニューをベースにドライバーの特訓に励みます。