霞台カントリークラブ

霞台カントリークラブラウンド報告(2020/02/22)

2020年2月22日に霞台カントリークラブでゴルフコンペがあり参加してきました。

1ヶ月くらい前からこのコンペの日程は決まっていたため、ある意味ココに向けて練習をしていた面もありました。

ただ、最近の練習の状況だとかなり厳しいラウンドになることも予測していました。



霞台カントリークラブの場所

霞台カントリークラブは私が住んでいる神奈川県の川崎市から高速使って約1時間半かかる茨城県稲敷市のゴルフ場でアコーディア傘下です。

川崎からは高速で湾岸から東関道を爆走し、圏央道に入るルートが一番早いようです。

霞台カントリークラブのスコア

49-56の105でした。

先週のラウンドより少しはましになりましたが、まだまだ全然うまくいかない感じです。

霞台カントリークラブスコア

3番ホールのPar4で今年初バーディーを取ることが出来ました。

単純ですが超うれしかったです。

前半のOUTでは3番のバーディーの他にも1番と8番でパーを取ることも出来ました。

ちなみに8番ではコンペのニアピン賞も取ることが出来ました。

OUTでは小雨模様だったため、皆さんスコアが伸び悩んでいたようで、ハーフベスグロが46でグロス3打差3位の成績で折り返しました。

OUTはこんな感じでした。

  • バーディー:1
  • パー:2
  • ボギー:0
  • ダブルボギー:4
  • トリプルボギー:2
  • +4以上:0

合計で+13ですね。

食事あとの後半INは少し風が強くなってきた中でのラウンドとなりました。

コースのレイアウトかもしれませんが、風の向きが横になることが少なく、ほとんどのホールでフォローかアゲインストの風になっていました。

OUTはこんな感じでした。

  • バーディー:0
  • パー:1
  • ボギー:1
  • ダブルボギー:3
  • トリプルボギー:3
  • +4:1

ハーフ計+20で、合計が+33の105点。

ラウンド反省点

引き続きドライバーの調子が悪すぎでした。

ミスの傾向としてはダフること。ダフって飛ばず、レディースティーまでしか飛ばないことが3回有りました。

この欠点はわかっていて、インパクト直前でクラブのヘッドが落ちていることですね。ゴルフスクールでスイング改造中ですが、実際のラウンドでこんなにミスが出るとは。。。。

あとはスコア的なことですが、ボギーで治められずに、ダブルボギーやトリプルボギーにしてしまうことがとても多いです。

後から考えてみると、パーオン出来たホールでは、悪くともボギーで治まっていましたので、パーオンできなかったホールでどうやってボギーを拾うのかが課題なのかなと思います。

ドライバーで大ミスした時の2打目は、一番練習量が多いという理由で、たいてい7Iで打つようにしていましたが、3打目の残り距離が150ヤード残ることが多かったです。(パー4)

私の今の技量では、残り150ヤードからは、1オンしてもピンから遠くで3パットするか、2オン2パットで上がれれば御の字といった感じ。

これを改善するには、ドライバーでのとんでもないミスを減らすか、ドライバーで飛距離が足りないミスをしたとき用に、フェアウェイから7Wで打てるようにするか、残り150ヤードの精度を上げるかそんな対策が必要かと思いました。

そろそろ3月になるので本格的なゴルフシーズン突入です。

冬の間のスイング改造は間に合いませんでしたが、引き続き頑張ります。



霞台カントリークラブラウンド報告(2020/01/26)

2020年1月26日にコンペがあり、茨城県の霞台カントリークラブに行きました。

神奈川・東京では朝から雨が降っていて天気が気になりましたが、利根川を渡ると雨は全く降っていない中でのラウンドでしたが、やはり1月ですので大変寒かったです。

霞台カントリークラブはアコーディアのゴルフ場で、スマホのアプリでチェックインできるので大変便利でした。

場所はココになります。



霞台カントリークラブ霞コーススコア

この日は霞コースのINからスタートしました。

結果はグロスは良くなかったですが、ハンデに恵まれ新ペリの2位に入る事が出来ました。

霞台カントリークラブ霞コースINコース

スタートの10番はハンデキャップ4の比較的難易度が高いホールで、ティーショットが天ぷら気味になり、早くもトリプルボギーからのスタートとなりました。

11番のハンデキャップ16のショートホールでは、ピンがグリーンの右端に立っていて、ティーショットはグリーン右側のカラーに打ってしまったのですが、2打目をOK圏内に寄せて、パーを拾う事が出来ました。

ダブルボギー・ボギーと進んで、14番のパー5。ハンデキャップ2の難易度が高いホールですが、ティーショットを左に打ち出し、しかも巻いてしまいOBとしてしまいました。プレイング4から4打目ショート、5打目オーバーして奥のカラーに、6打目でON。そこから2パットのトリプルボギーとしてしまいました。

15番はボギーとしましたが、魔の16番。16番はハンデキャップ6でINコースでは難易度が3番目に難しいホールです。左ドッグのコースでティーショットでスライスを打ってしまい、グリーンから遠いほうのラフへ。2打目は届かず、3打目のアプローチがトップしてしまいOBに。打ち直しの5打目から6打目7打目8打目のアプローチがトップのイメージが頭から離れず、連続チャックリ。9打目のアプローチでやっと寄せられて、1パットでカップイン。なんとパー4で10打の惨劇に!

気を取り直して、ボギー・パーでINコースを終了。

合計53打でした。

霞台カントリークラブ霞コースOUTコース

後半は気合いを入れ直して望んだ1番ホール。いきなりのダブルボギーからスタート。

ボギー・ボギーと耐えながら進み4番ホール。左側に池が有り、視覚的な難易度が高いホールです。(実際のハンデキャップは7のホールです。)

ティーショットを左に打ち出してしまい、池手前のラフから2打目。ラフから池越えでグリーンを狙う事は難しいと判断して、右側のフェアウェイに出すだけ。そこからの3打目がまさかの巻巻巻巻->池。池を横切った地点のラフから打った5打目がショート。6オン2パットの+4。

ひえ-っ!INでもOUTでもビッグイニングを作ってしまいました。

ダブルボギー・ボギー・ダブルボギーと進んで8番ホール。

ハンデキャップ17のパー3では、ティーショットがホールからワンピン以内くらいの手前に付ける事ができて、そこから2パットでパー。

最終9番ではダブルボギーで締めました。(ちっとも締まってねー)

霞台カントリークラブラウンド終了後の反省

・なんと言っても16番並びに4番のビッグイニングは止めたい。とんでも無いミスのあとは気持ちを切り替えてミスの連鎖が無いようにしよう。

・パット数はIN17のOUT18。ラウンド中は「パット入らねー」とか思ってたけど、パット数36以内だったので、実力相応でした。ラウンド中はネガティブになりすぎないように気をつけよう。

霞台カントリークラブラウンド報告(2019/09/29)

2019年9月29日に茨城県の霞台カントリークラブでラウンドしてきました。

天候は晴れ。気温はやや高めで長袖のアンダーシャツで少し暑い感じ。風はたまに感じるくらい吹いていました。

私は神奈川県に住んでいるのですが、茨城県までゴルフに行くことは少なかったのですが、これからは少しずつ増えそうな気がします。

霞台カントリークラブのスコア

今日は霞のINコース->霞OUTコースの順でまわりました。ココのゴルフ場は36ホール有るとても広いゴルフ場で、ロッカールームは迷うほど広かったです。

さて今日のスコアです。

51-54で105でした。最近105ってスコアが多い気がします。これくらいが今の実力で、安定しちゃったのでしょうか?

霞コースIN

スタートホールの10番はHDCPが4のホールで、白ティーから379ヤードですが、ティーショットが天ぷらになり、距離が残ってしまったため難しかったです。いきなりの4オン2パットのダブルボギーでした。

ティーショットがあまり良くなかったのが敗因でした。

14番はハンデキャップが2の難ホール。ティーショットが右に曲がり1ペナゾーンに入ってしまいました。4オン3パット1ペナルティの8打トリプルボギーでした。

18番ホールはティーショットが右のラフへ。そこから右のラフを渡り続け、6オン(1アプローチ)の2パットで8打でした。

パター数は17打。1パット×3回、2パット×4回、3パット×2回でした。

霞コースOUT

昼食は生姜焼き丼見たいのをいただきました。おいしかったですが、少々量が多かったです。昼食時間は45分ほどで、ほどよい長さでした。

OUTコースでは、1番2番と連続の3パットをやらかしてしまい、連続ダブルボギーでのスタートとなってしまいました。

4番のダブルボギーも3パット。5番のトリプルボギーも3パットでした。

6番は2打目のアイアンショットがロストボールになるほどのOBをやらかし打ち直ししました。結局5オン(1アプローチ)2パット1ペナの8打でホールアウト。このホールはハンデキャップ1の一番難しいホールでした。

8番は1打目をバンカーに入れてしまい、バンカーからの脱出に2打を要して、3オン。そこから2パットのダブルボギーでした。

パター数は22打。2パット×5回、3パット×4回でした。

今日の反省

パット数がトータル39打で、とにかく最悪に近い感じでした。特に後半のOUTコースはファーストパットがノーカンになってしまって、3mのパットを2mオーバしてしまうようなことばかり繰り返してしまいました。

長めのパットを残しても、なんとか2パットで上がれるようにすることと、アプローチは1パットでカップインできるような位置まで精度を上げる事がこれからの課題です。

2つめはドライバーの当たりが非常に悪かったです。

ドライバーが非常に捕まらなくなってしまい、スライスばかり打っていました。

PAR4では、途中でドライバーのティーショットを諦めて、3Wでのティーショットに切り替え、なんとかスコアを保ったのですが、PAR5ではどうしてもドライバーを持ってしまい、思うような結果が出せませんでした。

PAR5のホールでは、トリプルボギーが3個、ボギーが1個という散々な結果でした。

反省点(=練習箇所)が見つかったので、これからも精進して練習を続けます。